LaLaクリニック・神奈川県茅ヶ崎・内科・皮膚科・精神科(訪問・オンライン診療)医療法人社団献優会 LaLaクリニック

WEB予約

皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、Atopic Dermatitis)は、慢性的なかゆみを伴う皮膚炎の一種で、アレルギー性の病気の一つです。
一般的には「アトピー」と呼ばれることがあります。主に遺伝的な要因や環境の影響などが関与して発症することが多いです。

 

以下はアトピー性皮膚炎の特徴的な症状です

 

かゆみ: 強いかゆみが特徴的で、患部を掻くことが頻繁にあります。
発疹: かゆみにより引き起こされる赤くて湿疹のような発疹が、特に関節の裏、首、顔、手首、足首などの曲がりやすい部分に発生します。
皮膚の乾燥: 皮膚が乾燥しやすく、カサつきやひび割れが起こることがあります。
炎症: 皮膚が赤く腫れたり、炎症を起こすことがあります。

 

アトピー性皮膚炎の管理には、以下のような対策があります

 

保湿: 皮膚の乾燥を防ぐために、保湿剤をこまめに使用します。
避けるべき物質: アレルギーを引き起こす可能性のある食物や刺激物質を避けます。
適切な入浴: 長時間の入浴や高温のお湯は避け、穏やかな洗浄剤を使用します。
適切な医療治療: 医師の指導のもと、抗アレルギー薬やステロイド軟膏などが処方されることがあります。

 

重症な場合や患者の生活に大きな影響を与える場合は、医師に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

じんま疹

「じんましん」は、皮膚に発生するかゆみを伴う発疹の一種で、一般には蕁麻疹(じんましん)とも呼ばれています。これは、血管周囲に液体がたまり、局所的な腫れやかゆみを引き起こす症状です。以下は、じんましんに関する特徴的な情報です。

 

 

発疹の特徴: 通常、紅斑や膨らみが皮膚上に現れ、大きさや形状は異なります。これらの発疹はしばしば不規則な形をしており、全身に広がることがあります。

かゆみ: じんましんは一般的にかゆみを伴います。かゆみの程度は軽度から強烈なものまでさまざまです。

原因: じんましんは、アレルギー反応、ストレス、感染症、食物や薬物の摂取など、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。特定の刺激に対する過敏症が関与することが一般的です。

治療: じんましんの治療には、かゆみを和らげる抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏が使われることがあります。原因が特定できれば、それに対する避けるべき刺激を特定し、避けることも治療の一環です。

 

 

じんましんは通常、自然に治癒することがありますが、症状が悪化する場合や反復する場合は、医師の診断と治療が必要です。特にアレルギーが原因の場合は、アレルギストや皮膚科医の指導を受けることが重要です。

白癬(水虫)

白癬(はくせん)は、真菌が皮膚に感染することによって引き起こされる皮膚病の一種で、一般的に「水虫」として知られています。この感染症は、白癬菌(真菌の一種)によって引き起こされ、主に足や爪などの皮膚表面に影響を与えます。以下は、水虫に関連する特徴的な情報です。

 

 

症状: 水虫の症状には、かゆみ、発疹、赤み、ひび割れ、そして患部の皮膚が湿っていることが含まれます。足の指の間や足底、爪などが一般的な感染部位です。

感染経路: 白癬は、感染者との直接的な接触や感染物(例:感染した靴や床)を介して広がります。特に公共の場や共有の更衣室やシャワーなどで注意が必要です。

治療: 水虫の治療には、抗真菌薬が一般的に使用されます。クリーム、ローション、スプレー、または経口薬として処方されることがあります。治療期間は感染の程度により異なります。

予防: 白癬の予防策には、清潔な状態を保ち、湿気を避けることが含まれます。共有の靴やタオルを避け、公共の場で素足で歩く場合はサンダルや履物を使用するなど、感染を防ぐ努力が大切です。

 

 

水虫は一般的には軽度な感染であり、適切な治療を受ければ改善することが期待されます。ただし、症状が重度であるか、自己処理で改善しない場合は、医師に相談して適切な診断と治療を受けることが重要です。

疣贅(いぼ)

疣贅(いぼ)は、一般的には皮膚や粘膜の表面にできる良性の腫れや突起のことを指します。いぼは主にウイルスによる感染が原因で発生することがあります。以下に、いぼに関する一般的な情報を示します。

 

 

ウイルスによる感染: いぼの主な原因は、ヒトパピロマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスの感染です。さまざまな種類のHPVが存在し、それによって異なる種類のいぼが発生します。

種類: いぼにはいくつかの異なる種類があります。例えば、手の平にできる扁平いいぼ(平板いぼ)、足底にできる足底いぼ、顔や首にできる尋常性いぼ、性器周辺にできる尖圭コンジローマ(性器いぼ)などがあります。

症状: いぼは一般的には痛みを伴わず、かゆみや軽度の痛みがある場合もあります。形状や色は種類によって異なります。

治療: いぼの治療には、いくつかの方法があります。一般的な治療法には、凍結療法(液体窒素を用いていぼを凍結)、薬物療法(いぼに薬剤を塗る)、手術的な除去、レーザー治療などがあります。治療の選択はいぼの種類や患者の状態により異なります。

予防: いぼの予防には、感染を防ぐことが重要です。特に公共の場で裸足で歩かない、他人との直接の接触を避ける、感染した皮膚や粘膜との接触を避けるなどが予防策として挙げられます。

 

 

いぼは一般的には良性であり、適切な治療によって除去することができます。ただし、性器周辺にできる性器いぼなど、特に注意が必要な場合は、医師の診断と治療を受けることが重要です。